高品質なロードセルをお探しの方必見!

品質の良いロードセルを買える販売店を探すのに便利

ロードセルは工業用の計量器などの精度の高い秤などに使われることから、高精度のロードセルを必要とする企業は、その精度が高いロードセルを買える販売店を探す必要があります。質の高いロードセルを買うことで、より良い品質の製品を作ることができます。

品質の良いロードセルを買える販売店を探す際に便利なのが、こちらのランキングサイトです。このランキングサイトでは品質が良い順にランキング付けされていますので、上位のランキングにある販売店ほど品質が良いロードセルを買うことができます。

またこのランキングサイトでは、サイト運営者が特にオススメするロードセル販売店の紹介をしています。しかも、なぜオススメなのかということを分かりやすく理由も公開しています。品質が良いだけでなく販売価格やアフターサービスなどの総合的に評価した上で販売店を探したい方は、こちらのサイト運営者がオススメする販売店を利用してみるのもありです。

富士コントロールズ

総合評価 ★★★★★
情報量 ★★★★
満足度 ★★★★★
利用しやすさ ★★★★★
サービス度 ★★★★★
公式サイトはコチラから

プレス機を導入するとき、複数のメーカーの製品を組み合わせると不具合が出てしまうことがあります。富士コントロールズでは、ロードセルの他に測定器の製造もおこなっています。ですから、一つのメーカーで目的が果たせます。

ロードセルは、プレス機を利用するときに必要になります。一般的には専門的なメーカーが作っていますが、富士コントロールズでは、プレス機もロードセルも作っています。プレスメーカーの経験を生かした強みを持っています。

ロードセルは、プレス機の大きさなどによっていろいろなサイズがあった方が使いやすいと言えるでしょう。富士コントロールズではベーシックモデルの他に、小型タイプであったり軽量タイプなどより使いやすいものを揃えています。

JFEアドバンテック株式会社

総合評価 ★★★★★
情報量 ★★★★★
満足度 ★★★★
利用しやすさ ★★★★★
サービス度 ★★★★
公式サイトはコチラから

JFEアドバンテック株式会社では、原量や商品を計測する機器であるロードセルを開発提供しています。また、提供している商品は、何かを計測することに長けています。それが、作業の正確さを保証するものとなっています。

万が一、提供している製品が故障した場合には、修理専門窓口にて対応してくれます。修理専門窓口が用意されており、すぐに相談することができます。長く安心して、製品を使用していくのには、心強いサポートいえます。

気になる商品の詳細や図面をダウンロードにて、入手できます。じっくり、検討することがでるだけではなく、詳細な内容も知ることができます。自社の機材との兼ね合いもわかります。

昭和測器

総合評価 ★★★★
情報量 ★★★★
満足度 ★★★★
利用しやすさ ★★★★
サービス度 ★★★★★
公式サイトはコチラから

株式会社昭和測器は日本で初めて箔ひずみゲージを開発した会社です。ロードセルはひずみゲージと呼ばれています。今の時代において株式会社昭和測器が世に送り出してきた箔ひずみゲージは測定機器業界に非常に大きな足跡を残しています。

株式会社昭和測器のロードセルは様々な用途に対応が可能です。20mNの非常に低数値からから200MNという非常にメガで大きな負荷に対して対応が可能なロードセルを用意しています。株式会社昭和測器ではこれらのロードセルのカスタマイズも行っています。

株式会社昭和測器では規格の自社製ロードセルをよりお客の要望に合わせて高精度にカスタマイズも可能です。箔ひずみゲージの開発で得たノウハウと経験がある株式会社昭和測器だからこそできる仕事です。

ユニパルス

総合評価 ★★★★
情報量 ★★★★
満足度 ★★★★
利用しやすさ ★★★★
サービス度 ★★★★
公式サイトはコチラから

ユニパルスは1970年に創業した会社で、主に精密計測機器の開発製造販売を行っています。この会社の本社は東京都の中央区の日本橋にありますが、技術センターとセンサー工場は埼玉県の越谷市での活動を行っています。

さらに営業所として名古屋の栄と大阪の新大阪駅近くと広島市の南区的場町の3か所が存在しています。なおこれとは別に中国とタイとインドと東ヨーロッパに販売拠点も設置されています。なお従業員の数は国内で約150名となります。この会社の主な業務内容である計測機器は、ひずみを電気信号に変換するストレンゲージの社内製造が事業の中心的存在となります。

そしてその製品を利用して重量や荷重を測るセンサーであるロードセル、回転部品の試験などに使う回転トルクメーターなどに利用されています。他に計重指示計や荷重指示計などの開発製造販売も行われていて、ストレンゲージをはじめとして、ロードセルや回転トルクメーターを合わせると売り上げの過半数になるとされています。なおこの会社は経営安定化の一環として直接販売を行ってること、そして株式上場を廃止しています。

株式会社イマダ

総合評価 ★★★
情報量 ★★★★
満足度 ★★★
利用しやすさ ★★★
サービス度 ★★★★
公式サイトはコチラから

株式会社イマダは愛知県豊橋市に会社を構えるプッシュプルゲージの国産メーカーです。1947年に国内で初めてとなる航空機産業向けのプッシュプルゲージを開発したとても信頼性の高いメーカーです。ロードセルも株式会社イマダでは様々なタイプを開発製造しています。

圧縮力や引っ張り力を電気信号にして計測する装置であるロードセルにおいて株式会社イマダは様々な分野で使用可能な様々な製品を開発製造しています。大荷重に対応できるロードセルからコイン型の小型なタイプまでラインナップはとても充実しています。

株式会社イマダではラボも備えていて予約を行えばきちんと荷重計測などの相談に応じてくれます。株式会社イマダは各種ロードセルの別注品製造にも対応しています。株式会社イマダでは専門のスタッフが製品に関する相談にきちんと応じてくれます。

東洋測器株式会社

総合評価 ★★★
情報量 ★★★★
満足度 ★★★
利用しやすさ ★★★
サービス度 ★★★★
公式サイトはコチラから

東洋測器株式会社のロードセルの魅力は、何と言っても「安くて良い」ことです。安かろう悪かろうというイメージの方も多いと思われますが、東洋測器のロードセルは耐久性がよく、非常に長持ちします。よって、一度設置すれば、取り替え等の手間も省け、長期的なコストダウンにもつながります。品質と価格はトレードオフの関係にあるのが一般的ですが、東洋測器のロードセルは品質の良さと低価格を両立しており、まさに理想的な製品と言えるでしょう。

この品質と価格の両立を可能にするのが、東洋測器株式会社の徹底した品質管理です。各々の工程におけるチェック体制を厳重にしており、万が一不良品が出来上がった場合も、完成段階の検査を徹底しているため、不良品が世に出回ることはありません。

このような管理体制の中、新しい製品を次々に出していき、現在では豊富な仕様のロードセルを取り扱っております。ロードセルをお探しの場合は、一度東洋測器株式会社に相談されてみてはいかがでしょうか。

今まで知らなかったロードセルという精密機器

日常生活の中でも使える様々な産業機器が発明されていますが、技術革新によってまだ多くの便利な機能が作られています。ロードセルというものを知っている人も少ないですが、これは「天秤」や「台計り」、また日常生活の健康維持のために使う「体重計」などにも備わっています。直接目にすることは無いですが、機器の内部に備わっていることで簡単に様々な測定ができるようになっています。ビジネスでは産業用はかりに備わっていることから、時代を作ってきた経済発展にとっても欠かせない存在となっています。また電子機器ということからも、コンピュータとの連携によって更なる飛躍を遂げていることから、技術革新の斬新性が高いです。これからの時代は、利用の仕方によって可能性が広がっているのが、ロードセルといえます。

インターネットの発達なども急速になっていますし、また電子機器という分野も、急速な産業の発展しています。製品の品質向上や生産性向上も含めたコストダウンというのは企業にとっても大きな課題となっているので、データ化することは必須の企業がたくさんあります。ロードセルの活用はどのようなメリットがあるのかというと、この重さを測定することで計測できる数値をデータとして活用することです。電子化することによってデータは検査や集計などに活用できるので、ビジネスの分野でも大きな活躍が期待されています。コンピュータで計測をして保存や印刷なども可能なので、とてもスムーズに仕事がはかどるようになります。そのためにセンサー昨日に比べると、ロードセルは安価で使いやすいというメリットもあります。

荷重などの重さを量るためのロードセルでは活用性が高いことから、分野を問わず使い勝手があるといえます。専門的な機器となっているために、それだけで使うということは無いものの、体重計であれば正確な数値が出るという精密さがベースになります。また企業で使う場合には大きな重量を測るための機器をそろえるということであれば、数百万円はするものまであります。利用する目的によって幅広く価格が違っていますので、必要性に応じた予算が必要となります。また容量が大きなものを計測するとなると、それだけ微量な計測が難しくなりますので、使うときにはある程度の大きさを考慮する必要があります。体重計のようなものでは、1トンなどの重量を測ることがないために精密さをベースにして使うことになります。

カテゴリー

PAGE TOP