高品質なロードセルをお探しの方必見!

HOME > ロードセルのコラム > トルクや質量検出のために大活躍をするのがロードセルのセンサー

トルクや質量検出のために大活躍をするのがロードセルのセンサー

 質量やトルクなどの力を検出させることができるのが、ロードセルのセンサーです。ある程度の力がそこに加わることによって、察知したら電気信号へと変換されます。力という荷重に対して反応をして、電気信号へと変えますので、荷重変換器とも呼ばれることもありますが同じものです。電子はかりは重さを正確に数字にして表現をしますが、電子はかりにも必須となる重さ測定装置でもあります。このことは一般の辞書を調べてみても、出てくる豆知識的なことです。英語で約してみるとロードは力を加えることであり、セルは単位素子のことになります。力を加えることで測定を可能にするセンサーですが、これらには色々な種類があるのも特徴です。圧縮素子に変位センサーや、ピエゾフィルムやばね利用のセンサーなどもあります。センサーといっても1つだけではなく、いくつものセンサーの種類があり、それぞれに大活躍をする存在です。静電容量型やひずみゲージ式にジャイロ式、ほかにも磁歪式もあります。

 どのようなシーンで使われるかですが、力測定をするシーンであれば、ロードセルはどこでも使用が可能です。直接人の目に触れること自体は少ないものの、生活の中で当たり前に使用をするものにも、密かに使われていて活躍をしています。電子はかりなどはキッチンでもすでに愛用されている商品ですが、ここでも大活躍をしていることを、多くの人は知りません。はかりは物をのせて重さを計る道具であり、その仕組みや何によってそれが叶えられる窯で、深く考える人はそれほどいないですが、一生懸命に役立っています。電子はかかりは正確な数字を、目で見てわかるように教えてくれるので、調理をする際にも分量を正確に調整することができて便利です。家庭の中でも役立ちますが、ほかにも産業用はかりや流量計に、試験機などもに使われています。

 外形にも分類があり、それは大きく分けると4種類になります。ビーム型ロードセルは引張や圧縮型があり圧縮型のコラム型や、引張や圧縮型のS字型に、圧縮型のダイヤフラム型などの4種類です。利用シーンに適切な構造と共に、内容量を持つ種類を選ぶことが大事であり、一般的に利用される、大はかりなどの電子はかりは、シングルポイントが使われることが多くなります。シングルポイント部分の位置は、軽量皿の真ん中下あたりに位置する作りです。ビーム型は産業用ホッパやタンクによく使われていて、ほかにもカン型も使われる度合いは多くなります。1本から数本を使用するものの、何本も使う際の注意点は、荷重を均一にかけることです。S字型を利用するのが多いシーンは。引張力の測定時になります。普段は重さをはかることに対して、無意識に当たり前のようにそく敵を使用していますが、あらゆる測定器の内部では、こうした構造や働きが力を発揮しているということです。

カテゴリー

PAGE TOP