高品質なロードセルをお探しの方必見!

HOME > ロードセルのコラム > ロードセルを購入する際に知っておきたい基礎知識

ロードセルを購入する際に知っておきたい基礎知識

 現在は多くの業界で、品質や生産性の向上、そしてコストダウンを目的として、生産された品物の重量の測定やデータの電子化が重要になっています。そこで注目されているのがロードセルと呼ばれるものであり、さまざまな検査に利用されています。ロードセルは力測定を行う必要があるところであればどこでも使用されており、電子はかりをはじめ、試験機や流量計、そして産業用はかりなどに利用されています。ロードセルは、質量として加えられる力を検出するセンサーであり、力が加えられると、それが電気信号に変換されることから、荷重変換器と呼ばれる場合もあります。その仕組みは、ロードセルの表面に貼られたひずみゲージと呼ばれるものが、力を加えられることによって変形し、その変形の量によって抵抗値を変えるというものであり、その抵抗値の変化が重量として表示されます。

 ロードセルのメリットとしては、コンピュータなどにデータを取り込めるということがまず挙げられます。データが電子化されているため、コンピュータ上でモニター確認ができるほか、データの保存や印刷なども容易にできます。そしてより速くて、精密な計測が可能であり、他のセンサーよりもコストが安く済むという点もメリットだと言えるでしょう。寿命に関しては、定格用量のものを何回計測できるのかを意味する疲労寿命というものが仕様項目に表示されています。例えば疲労寿命が10万回の場合は、計測の回数が10万回になるまでは、通常の性能が維持できるという意味になるでしょう。ただし、定格容量を超える力を長い時間かけ続けたり、強い衝撃を加えてしまうとロードセルが故障してしまう原因になってしまうため、注意して使用しましょう。

 ロードセルの使い方に関しては、計測した重量を表示させたり、そのデータを利用するために、パソコンや表示器を使います。ですので、各機器へ接続する必要があるのですが、ロードセルの出力ケーブルは電源ケーブルや信号ケーブル、シールドケーブルに分かれているため、それぞれの端子名を確認しながら接続します。尚、接続の方法は、ロードセルや表示器の取扱説明書に記載されているため、それを確認するとよいでしょう。ロードセルの選び方に関しては、引張や圧縮、曲げなどのどの方法で計測を行うかということをまず決めることによって、どの種類のロードセルが良いか選びます。そして計測するものの重さによって定格容量をどれぐらいにするかを決め、さらにどの分解能の表示が必要かを検討する必要があるでしょう。ロードセルの価格に関しては、さまざまな種類があるため数万~数百万円と幅があります。

カテゴリー

PAGE TOP