高品質なロードセルをお探しの方必見!

HOME > ロードセルのコラム > ロードセル選びのポイントについて

ロードセル選びのポイントについて

 ロードセルは荷重計の一種で、重さや外部から加えられる力を電気抵抗の変化に変換して、力の大きさとして表すことができるものとなっています。何らかの力を測定したい時に使用するものです。体重計やゲーム機のボード、自動販売機など身近なものから、医療機器や研究などはの用途は多岐にわたっていて、大変利便性が良いものとなっていることは確かです。しかし一口にロードセルと言っても、今の時代は数多くな商品が販売されており、選択肢が豊富というのは良いことです。しかしいざ導入するとなれば、どれを選んだら良いのかで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。もちろん種類により構造や仕組みに間違いがありますが、販売しているメーカーによる違いも多々あるので、よく比較してから選ばなくてはなりません。

 どのような用途に使うのかによって、選ぶべきロードセルにも違いがあります。研究ならば精度がどの程度必要なのかを始めとし、安全性や衛生状態などが最優先される事項の実験に使うのかなど、用途に合わせて絞りこむ必要があります。どんなに良いとされているロードセルを導入しても、用途に合ったものを選ぶことができなければ導入する意味がなく、使い勝手も良いとは感じないので気をつけましょう。ロードセルの加重検出方向には引張型や圧縮型を始めとしたものがあり、種類はミニチュア型やひずみゲージ型やプラットフォーム型などかなり多くのタイプがあるので、それぞれがどのような特徴を持っているのかを理解しておかないと、適した商品選びはできないので、まずはロードセルのタイプによる仕組みを理解しておきましょう。

 ロードセルは商品を選び導入したらそれで終わりというわけではありません。選ぶときには定格容量や加えられる力の方向、そして大きさやコストパフォーマンスといった物を加味して商品を選びますが、ロードセルにも寿命があり必ずいつか壊れてしまいます。一般的なロードセルはアルミやステンレスなどの金属が使われています。金属にも疲労が蓄積していくことになるので、使い続ければ寿命がやってくるのは当然のことです。ロードセルの寿命は、疲労寿命として明記してあるのでそれをチェックすれば、どのくらいで壊れるかという目安を知ることができます。具体的に回数が記載されている商品もあれば、具体的な回数は記載されていないものもあります。回数が記載されているものも、規格内で使用した場合の回数なので気をつけましょう。

カテゴリー

PAGE TOP