高品質なロードセルをお探しの方必見!

HOME > ロードセルのコラム > 力を測定可能となる電気的出力へ変換することができるのがロードセル

力を測定可能となる電気的出力へ変換することができるのがロードセル

 さまざまな種類があるロードセルですが、力を測定可能な電気的出力へと変換することのできる変換器のことです。いくつかのタイプがある中でも、最も一般的に利用される種類はひずみゲージを用いたタイプになります。今では縁の下の力持ち的なポジションで、あらゆる分野で活躍をしていますが、そこには歴史もあり、機械的に使用されるレバーには良く使用されていた存在です。産業界での秤量分野において選ばれる方式なのが現在ですが、機械的なレバーを使った秤が広く活用されていました。錠剤などの小さなものから列車などの大型のものまで、機械的な秤ならば重さをはかることが可能です。適切な校正であり、信頼と正確さのある測定をすることが可能です。重さにおけるバランスが機械的な秤における動作原理であり、機械的な梃子に働いている力の検出を、上手に利用しています。

 内側に充填された流体における圧力変化を察知して、その重量を測定することが可能なのが、油圧式ロードセルの天秤装置です。荷重その重さに加わるピストンや、ヘッドに働きかける不可などが伝わって、エラストマー隔膜室内へと封入して、内部に充填されている流体をスムーズに圧縮します。大きな力が加わるほどに油圧である、作動流体の圧力は比例をして上がっていきますが、その場に圧力は表示をされるので目で見てわかります。距離が離れている場合は、リモートコントロールにより、その情報が送信される仕組みです。その場所にいないくてもリモートコントロールがあることで、離れた橋でも表示確認が可能です。充填されている液体の温度や量からの影響は、どちらかというと受け得にくいのは、線形の出力というのも理由になります。

 天秤の原理をもとに動作しているのも、空気圧式ロードセルのタイプです。天秤原理で動くのは油圧式装置と同じ仕組みではあるものの、高い精度を出すことができるのは油圧式装置より空気圧式の方になります。複数のダンピングチャンバーが使われているのが、空気圧式の装置の方であり、これは高精度を得る秘訣です。風袋重量測定室して、1つめのダンピングチャンバーを使う設計もあります。産業の中でも最も優先するのが、安全と清浄度である中においては、軽い重さの秤量には空気圧式を利用される機会は多めです。安全第一の産業業界において、爆発などは言語道断であり、防爆性が本質としてある空気圧式は温度変動からの悪影響を受けることはありません。これは安全においても、空気圧式だからこその長所になります。

カテゴリー

PAGE TOP